葬儀の料金を安くする方法

category01

葬儀の料金というのは、身内が亡くなってから初めて考える方がほとんどです。

精神的にも肉体的にも混乱している時に決めなければなりません。

葬儀関する情報選びといえばこちらのサイトです。

また、葬儀について経験や知識のある方が身近にいない事もあり、葬儀社の言いなりになってしまい、その結果、高いお金を払わざるをえなくなってしまう方も多くいます。料金に関しては、いくらでも高くできます。

その反対に、安くしようと思えばいくらでも安くすることが出来ます。
自分達の身の丈にあった金額で葬儀をすることは、とても重要な事です。



そのためには、様々な業者を比べてみる事が重要です。


その時に、安さだけに注目するのではなく内容について比べてみる事が重要です。
セット料金と記載されていますが、セットの金額以外にお金がかからないのか確認することは大切です。
セットの金額が安いのに追加料金があり結局すごい金額になってしまうという事もあります。


そして、業者を決めたら言いなりにならずに自分の意見を言って話し合う事が重要です。

例えば、必要な物が全て入っていて、業者から金額を提示されます。でも、その金額は平均的な金額です。祭壇の規模や料理や棺のグレードを下げる事で金額を安くすることが出来ます。最低ランクにすれば、さらに安くすることが出来ます。


また、規模を小さくすることも金額を安くするのに効果があります。

例えば家族だけで行う家族葬にすることで、金額を抑える事ができます。
その為にも、まず業者と話しをする時に、自分がどれくらいの金額で行いたいのかはっきり言っておくことも重要です。
その時には、少し余裕を持ち、金額を低めに言っておくことも重要です。


葬儀以外にも様々なお金はかかるものです。



ですから、あとで金銭的に大変な事にならないように、検討することをおすすめします。


解りやすい!

category02

トラブルが多い葬儀料金ですが、深い悲しみの中葬儀の準備は待ってくれません。葬儀会社を探したり、知人や親せきに連絡したり訪問客の接待に役所への手続き等本当に忙しいものです。...

subpage

予備知識

category02

葬儀はたくさんのお金がかかります。年金や退職金を切り崩しながら生活している場合なら今後の生活の見通しをたてるためにも少しでも出費を減らしたいと切実に思ってしまうものですし、だからと言って火葬だけにするのもためらわれるものでしょう。...

subpage

皆が知りたい情報

category03

日本という国は葬儀に対して支払う費用がかなり高額であるとして知られています。比較的質素な式であっても数十万円、全体を平均して見ると200万円ほどが一回の葬儀に支払われているわけですから、それがもたらす料金の負担はかなり大きいと言わざるを得ないのが現実です。...

subpage

知識を増やす

category04

昨今、少子化が進み核家族が当たり前のようになってきた現代で、年老いて亡くなった家族の葬儀を執り行うのは大変なことです。亡くなった場所が病院だと病院に駆けつけたり、葬儀会社に連絡を取ったり、お坊さんの手配や隣近所にお手伝いをお願いしたりとしなければいけないことが山積みとなっています。...

subpage