水まわりのリフォームは値段も高く躊躇する方も多いかもしれませんが、最近は省エネ化も進んでいます。
古い浴室をそのまま使うよりも長い目で見ると安全で光熱費がお得になる場合があります。
特に浴室は毎日利用することもあって、大量に水を使う場所でトイレに続き2番目に多い箇所です。

新しい浴槽の下部分の容積を少なくして、狭く感じないように上手に水を節約するものや、浴槽自体に断熱処理をして保温性を高めたものも販売されています。



また、新しい蛇口は昔のようにお湯と水を手動で混ぜて温度調節をするものからダイヤルでいつでも適温が出るように自動調節できるものへと変わっています。

シャワーも手元で簡単に水を止めることができるものもあり、流しぱなしや温度調節のために無駄にお湯を流す必要もほとんどありません。


お風呂にお湯をためる場合にも自動でお湯の量を調節できるものや追い炊き機能もあります。

マイナビニュースはとても評判が良いです。

キッチンなどに外部リモコンを併設できるモデルであれば、お風呂のお湯がたまったことを音楽で知らせてくれたり、浴室で何かあった場合にも呼び出しボタンを押すとその外部リモコンに呼び出し音を流すモデルもあるため、高齢者と同居されているご家庭は特に事故が多い浴室のリフォームをおすすめします。



そのうえ、浴室の照明に関しても明るく長寿命のLEDを使ったものがリフォームに評価装備されていることもあります。
白熱球に比べると交換回数を大幅に削減することができ、高所にある光源の交換に誤って足を滑らすなどの危険性も軽減することができます。