フローリング床と言うのは木が材料になっているため、水への耐久性が弱く、水をこぼしてしまった時などは急いで拭き取ってもシミが出来てしまう事も在ります。

また、木材は表面が柔らかいため、硬いものをフローリング床の上に落としてしまうと傷がついてしまいますし、家具などを引きずってしまっても傷がついてしまうなど、デリケートな建材です。

ジョルダンニュース!関する情報選びにちょうど良い情報をご用意いたしました。

尚、窓際などで太陽の採光が良い場所などでは紫外線により表面が薄くなってしまったり、表面の塗装が剥げてしまし、木材の表面がザラザラになってしまう事も在ります。

フローリング床の補修と言うのは全てを張り替えるだけではなく、部分的な補修も可能になります。

例えば、重量の在る荷物を落としてしまって大きな凹みが出来てしまった時や、部屋の中でも窓際だけが紫外線が照射されたために、色褪せてしまった場合など、そのままにしておくと美観を損ねる場合など、部分的な補修も可能になります。



尚、フローリング床はワックスを使って塗装をしてあげる事で美観を保つことが出来ますが、一般的なワックスと言うのは耐久性が半年から1年と言われており、美観を保つためには1年に一度の割合でワックス塗装が必要になります。


しかし、最近は補修を行う目的で、フロアコーティングと呼ばれている施工を行う人も多くなっており、フロアコーティングは一般的なワックスと違い、美観だけではなく水に対する耐久性が高くなる事や傷などが付き難くなるなどのメリットが在ります。